転職時に次の会社が決まってないと収入がなくなる為、生活資金を準備しなければなりません。その方法を紹介します。

アジアの外資系へ転職

アジアの外資系へ転職
アジアの外資系へ転職

転職資金を準備する方法

転職時次の会社を決めて離職するのが理想ですが、次が決まらぬままやむなく離職することもあります。そうなると転職期間が長期に渡る可能性があります。その間の生活費の捻出方法を列挙します。退職金や賞与は貰ってから辞めましょう。有給は全て消化してしまいましょう。実家に住めるのなら住みましょう。社会保険は親の扶養に入れるようなら入りましょう。但し、失業手当をもらう間は扶養に入れず、国民健康保険や任意継続に加入することになります。国民健康保険や国民年金、住民税は失業中なら減免されるケースがありますので市役所や年金事務所で確認しましょう。ハローワークの失業手続きは、退職後書類が届いたらすぐにしましょう。遅くなればなるほど受給が遅れます。自己都合退職では約3カ月の給付制限、つまり失業手当が貰えない期間があります。それを避けたければその間職業訓練を受けましょう。すると給付制限は解除されます。

あとアルバイトが可能ならアルバイトしましょう。これは誤解している方が多いのですが、失業中にアルバイトが禁止されているわけではありません。(但し、離職後7日の待機期間に一度でも働いてしまうと失業とみなされず、失業手続きをしてもらえませんのでご注意ください。)ハローワークに申請せず働くのが禁止なのです。(ばれると俗に言われる3倍返しです。)アルバイトであまりに稼いでしまうと失業手当が減額されたり不支給になりますのでうまく調整しましょう。